残業代が失業保険の給付額に影響!総額で数十万円の違い

退職6カ月前は残業時間を増やす

退職6カ月前は残業時間を増やす

失業保険の賃金日額は、離職日直前の6カ月間の平均賃金で計算します。通常の給与は「基本給、年齢給、役職手当」などで構成され、そこに1.25倍した残業代が追加されます。

そこでもし退職する時期が決まっているなら、離職予定日の6カ月前から残業や休日出勤を増やすことで、基本手当の算出のもとになる賃金日額をアップさせることができます。

確かに辞めると決まってからは仕事も減ることが多く、いつもよりも勤務時間が短くなり、残業時間も増えづらいです。

しかし、単純に残業代を増やせる環境であれば、着実に積み重ねることで失業保険の給付額に差が出てきます。残業時間を使って失業保険の給付額を増減させることは一般的な方法です。

40時間の残業で297,000円の差

40時間の残業で297,000円の差例えば、35歳で勤続年数が12年の会社員が「基本給10万円、年齢給15万円、役職手当5万円」で給与が合計30万円、所定労働時間が160時間だったとします。

残業をしない場合の6カ月間の合計賃金は180万円であり、それを180日で割ると「1日あたりの賃金が1万円」と出ます。

30万円×6カ月÷180日=1万円

この金額に年齢と勤続年数を組み合わせて、失業保険の給付額を算出すると「日額手当=約5,700円」貰えます。

そこで毎月の残業時間を40時間に増やしたとします。この会社員の時給は「30万円÷160時間」で1,875円です。

残業代を計算するときは「基本時給×25%割り増し」と定められているので、残業代は「1,875円×1.25×40時間=97,350円」が貰え、給与は合計で397,350円になりました。

そのため、6カ月間の合計賃金が2,384,100円になり、180日で割ると1日あたりの賃金は13,245円となります。

397,350円×6カ月÷180日=13,245円

この金額に年齢と勤続年数を組み合わせて、失業保険の給付額を算出すると「日額手当=約6,600円」も貰えます。

手当総額では、自己都合で退職した場合は給付日数が最大120日ですので、108,000円も差が出ます。会社都合で退職した場合は給付日数が最大330日ですので、297,000円の差が出ます。

自己都合=(6,600-5,700)×120日=108,000円
会社都合=(6,600-5,700)×330日=297,000円

このように残業時間を増やすだけで給付金の総額に数十万円の違いが出てしまいます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.04.27
更新日更新日 2015.05.05

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
シツホ編集部
シツホ編集部
執筆・編集
失業保険を貰う方法を徹底解説。受給手続きや給付額の計算、退職と転職のノウハウなどを紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
失業保険の給付額は退職年齢で変化する!5歳単位で金額が増減
失業保険の給付額は退職年齢で変化する!5歳単位で金額が増減
30歳、45歳、60歳を間近に退職を考えていて、失業保険を貰う予定の人は退職時期をずらすメリットがあります。それは年齢が1歳違うだけで、給付金...
【漫画】失業保険の貰い方!金額の計算から支給日まで
【漫画】失業保険の貰い方!金額の計算から支給日まで
失業保険の給付額は「過去6カ月間の給与(賞与を除く)、年齢、勤続年数、退職理由」で決まります。失業保険の支給日は「ハローワークに来所して...
【漫画】転職サイトとエージェントの違いとは?デメリットも比較
【漫画】転職サイトとエージェントの違いとは?デメリットも比較
転職サイトには10万社以上の求人があり、会員登録することで企業の情報が閲覧できます。面接日程から条件交渉まで、すべて自分ペースで進められる...
失業保険を貰う手順と条件!最初にハローワークで申請をする
失業保険を貰う手順と条件!最初にハローワークで申請をする
会社を退職したあとにハローワークに行けば、誰でも失業保険を受け取れるわけではありません。受給するためには一定の条件を満たしていることが必...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK