スマートに退職する方法!最初にすることは上司への報告

職場環境が退職のしやすさを決める

退職を決意したときにするべきことは、上司への相談になります。退職の意思を伝えて仕事の引き継ぎなどの都合と、自分のスケジュールをすりあわせて退職時期を調整していきます。

  1. 上司への報告と相談をします。
  2. 上司の許可を得ます。
  3. 退職届や退職関連の書類を提出します。
  4. 同僚に報告します。
  5. 取引先への報告と挨拶をします。
  6. 仕事の引き継ぎをします。
  7. 退職日当日に出社して、支給品を返却します。

仮に転職時期が決まっている場合は、なるべく早めに退職の意思を伝えるようにしたほうが、円満に話が進みやすいです。ギリギリになって急に退職すると言い出すと、必ずトラブルになります。

退職がスムーズにできるかどうかは、上司をメインとした職場内の人間関係や抱えている仕事量によって左右されるでしょう。

上司や同僚と円滑なコミュニケーションが普段からできている場合は、退職の意思を伝えるときにもスムーズに話が進みやすいですし、キャリアアップのための転職の場合は、激励と共に送り出されたりもします。

逆に普段から上司との関係がギクシャクしていたり、退職したい理由の1つが上司のパワハラだったりする場合は、もめる場合が少なくないです。

その場合は直属の上司ではなく、その上の人間に相談したり、人事部や総務部などを間に挟むなどをして、なるべく話が前に進むように調整しなければなりません。

退職が決定したら手続きが開始

退職関連の書類を提出する

上司の了解が取れたあとは、書面上の手続きに入ります。いわゆる退職届を作成して、人事部や総務部などに提出します。退職届の書き方は特にこれといった決まりはありません。

退職の意思と時期が明記されていれば特に問題はないです。会社によっては規定のフォーマットがありますので、総務部にフォーマットがあるかどうかを確認します。

それがない場合はフリーフォーマットで構いませんので、ウェブで検索して適切なテンプレートを探して、必要事項を記入して作成します。

ただし、最近では退職届というよりも業務上の書類であることがほとんどです。それらにも退職理由を書く箇所がありますが、転職先などの情報については明かす必要もありません。

退職理由についても「一身上の都合」などで構いません。逆に細かく書くと後々面倒なことになる場合もあるので気をつけましょう。

関係各所への挨拶と仕事の引き継ぎ

書類の手続きが完了したら、営業の人であれば社外の取引先などへの挨拶の段階に入ります。最も注力すべきは仕事の引き継ぎであり、自分の抱えている仕事を次の担当者へノウハウも含めて伝えてます。これを疎かにすると、現在の会社で築いた人間関係が台無しになってしまう可能性が高いです。

中には「他社に転職するから前の会社は関係ない」と思う人もいますが、どこで人が繋がるかわかりませんし、丁寧に辞めたほうが自分も周りも嬉しい気持ちになります。人間関係は貴重な財産と捉えて、面倒臭がらずに誠意を持って引き継ぎましょう。

あとは可能であれば退職日までの間、有給休暇を消化したりして好きな時間を過ごします。貴重な中休みの期間ですので、リフレッシュや勉強などに使うと満足度が高まります。

最後に退職日当日にもう1度会社へ出社し、IDカードなどの支給品を返却し、同僚に挨拶をします。これで晴れて退職手続きはすべて完了です。

また、次の会社が決まっていない場合は失業保険の申請をします。ハローワークで貰える失業保険のしおりなどでも退職から転職までを時系列で解説していて、はじめての人にもわかりやすくて参考になります。

決して難しくはなく、国民全員が利用しやすいようにできている仕組みですので、給付の対象となる人は最寄りのハローワークに行って、全額受け取れるか確認してみましょう。

スポンサードリンク

本記事は2015年5月5日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK