求職活動の実績を申請!合同説明会や資格試験の受験もカウント

失業保険における求職活動の定義

失業保険における求職活動の定義

失業保険は積極的に「就職しようとする気持ちと、いつでも就職できる能力があり、積極的に就職活動を行っているにも関わらず、職業に就くことができない状態」でないと貰えません。

そのため、失業保険を貰うにはどんな求職活動をしたかを報告する義務がありますが、自分では求職活動をしたつもりでも、ハローワークの職員は認めてくれない場合もあります。

そこ求職活動を記載する「失業認定申告書」に勘違いして記入しないためにも、失業の認定における求職活動の実績となる具体例を5件紹介します。

  1. エントリーだけでは求職活動にはなりませんが、書類の送付や面接への応募は求職活動になります。
  2. ハローワークが実施する「職業相談、職業紹介、各種講習、セミナー」への参加は求職活動になります。ハローワークだけではなく、高齢者職業相談室やワークプラザの利用でも同様です。
  3. ハローワークに認可されている「民間職業紹介事業者、労働派遣事業者、地方公共団体などが実施する職業相談、職業紹介、各種講習、セミナー」に参加した場合は求職活動になります。
  4. 公的機関が行う「職業相談、職業紹介、各種講習、セミナー受講」などに参加した場合は求職活動になります。公的機関には「独立行政法人雇用・能力開発機構、独立行政法人高齢・障害者支援機構、新聞社」などが該当します。
  5. 再就職に資する各種国家試験や検定などの資格試験の受験した場合も求職活動になります。

新聞やネット、ハローワークなどでの求人情報の閲覧、単なる知人への紹介依頼では求職活動の実績とは認められません。

求職活動の実績についてはハローワークが確認を取る場合があります。実際に求職者が応募した企業や利用した機関に問い合わせを行って、事実確認をしています。

そのとき、事実と異なることが判明すると不正受給となり、受給した金額3倍を返却しなければいけないので注意が必要です。

また、実際に認められた求職活動の一覧を知りたい人や求職活動の実績を作りたい人は失業保険のために求職活動の実績を作るに体験談を交えた解説が載っています。

失業中の求職活動は2回以上行う

失業保険の支給を受けるためには、失業の認定を受ける「認定対象期間」内に原則として2回以上の求職活動の実績が必要です。

認定対象期間は前回の失業認定日から今回の失業認定日の前日までを指しており、基本的に「28日間」と定められています。その間に2回の求職活動をして、はじめて失業保険が貰えます。

仮に1月31日に自己都合で退職した場合では、会社の都合上、失業保険に必要な書類がすぐに揃わないので、1週間後の2月7日にハローワークで受給資格を得たとします。

ハローワーク側は求職者を調査する必要があるため、私たちは2月7~13日の7日間が待機期間となり、次の予定は2月14~28日のいずれかに行われる雇用保険受給説明会に参加することになります。

その後、1回目の失業認定日である3月7日に2月14日~3月6日の求職活動を報告しますが、自己都合の場合は自分の都合で会社を辞めたことにより、3カ月間の給付制限がありますので、3月7日は求職活動の内容を報告するだけで何も貰えません。

給付制限は待機期間の満了日翌日から3カ月間であるため、2月14日~5月13日になります。そのため、2回目の失業認定日である5月30日に5月14~29日の14日間分がはじめて失業保険の対象になります。

実際に指定の金融機関には2回目の失業認定日の4~7日後に失業保険が振り込まれます。自己都合で辞めた場合は初回に貰える金額が会社都合の人よりもかなり少ないでしょう。

ここで勘違いしやすいことは、2月14日~5月13日は失業保険の対象ではないから求職活動しない人がいることです。給付制限とは給付が制限されているだけで、求職活動は制限していないために、この間もしっかり求職活動をする必要があります。

2月14日~5月13日と5月14日~5月29日で3回以上の求職活動をしないと、5月30日に14日分の失業保険の認定はおりないです。

この後は原則に従って、5月30日~6月26日の28日間で求職活動を2回以上して、3回目の失業認定日である6月27日に申請すれば、その4~7日後に銀行口座に給付金が振り込まれます。

次は6月27日~7月24日の28日間も2回以上の求職活動をして、4回目の失業認定日である7月25日に申請、その次は7月25日~8月21日の28日間に2回以上の求職活動をして、5回目の失業認定日である8月22日に申請することになります。

このように1度にまとまったお金が貰えるわけではなく、求職活動の実績を28日単位で申請して、28日分の失業保険を貰うことを繰り返します。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.04.23
更新日更新日 2016.02.17
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
雇用保険の被保険者の種類!正社員や派遣労働者で受給条件が変化
雇用保険の被保険者の種類!正社員や派遣労働者で受給条件が変化
初めての失業保険 失業保険の基礎知識
失業保険の受給資格は、正社員ではないパートタイマーやアルバイトでも得られます。離職日以前の「2年間で雇用保険の被保険者期間が12カ月以上」あ...
失業保険の受給額を確認!4~7日で金融機関に振り込まれる
失業保険の受給額を確認!4~7日で金融機関に振り込まれる
初めての失業保険 失業保険の受給手順
失業保険の失業認定日から4~7日で指定した金融機関に「厚生労働省職業安定局」という振込者名で失業保険が振り込まれます。祝日や年末年始など...
パートや派遣労働者も失業保険の受給資格や給付金を貰える?
パートや派遣労働者も失業保険の受給資格や給付金を貰える?
失業保険の質問回答 失業保険全般の質問
パートタイム労働者は雇用保険の被保険者となれるのでしょうか?また、すでに2年以上同じ職場で働いていますが、失業保険は貰えますか?1週間の...
留学・出産・病気などで就職活動をしない人も失業保険は貰える?
留学・出産・病気などで就職活動をしない人も失業保険は貰える?
失業保険の質問回答 失業保険全般の質問
失業保険を受け取ろうと思っていますが、海外での就職も検討をしています。先んじて就労ビザなどを取得した場合、失業保険の適用は難しいでしょ...
借金に悩んだら債務整理がベスト!任意整理と過払い請求をしよう
借金に悩んだら債務整理がベスト!任意整理と過払い請求をしよう
転職ノウハウ 転職を成功させるコツ
私は「再就職さえすれば、返済できるので大丈夫」と考えていましたが、結局は就職した先は手取りで月収20万円に満たず、返済にあてなければならな...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
シツホ編集部
シツホ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
失業保険を貰う方法を徹底解説。受給手続きや給付額の計算、退職と転職のノウハウなどを紹介しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK