1分でわかる失業保険!みんなの再就職を支援する制度

就職活動中の助けになる失業保険の趣旨

就職活動中の助けになる失業保険の趣旨

失業保険とは「今まで働いていた人たちが自ら離職したり、解雇や倒産、定年などで職を失ったとき、新たな仕事が見つかるまでの間に支払われる給付金」のことです。

期間中は働かずに数十万円が貰えますが、国民生活の保障のために存在しており、次の目的で成り立っています。

  1. 私たち国民が失業中の生活を心配せずに、新しい仕事を探すことに専念できます。
  2. 1日も早く再就職できることを支援するための、就職活動に大切な資金になります。
  3. 職業教育訓練や専門学校などで働く能力を伸ばすための、必要な経費の支援になります。
  4. 定年後の再雇用で賃金が低下しても、会社を退職せずに済むための援助金になります。

失業保険の給付には「就職しようとする気持ちといつでも就職できる能力があり、積極的に就職活動を行っているのにも関わらず職業に就くことができない状態」という条件があります。

つまり、再就職を希望していない人は「失業」とは認可されないため、失業保険が貰えることはないです。例えば、一時的に働かずにゆっくりしたい人、結婚を機に専業主婦になる人、起業の準備をしている人などが、失業保険の申請に来ることがありますが、その人たちは原則対象外となります。

逆に再就職しようとしている人であれば、基本的には誰でも失業保険の給付金を受ける権利があります。この権利のことを「受給資格」と呼び、その受給資格を有する者を「受給資格者」と定めています。

失業保険と雇用保険の明確な違い

実は「失業保険」という単語は公的には使われていません。私たちが失業保険と呼ぶ制度は、雇用保険の一部である基本手当を意味するからです。

雇用保険制度の中には「基本手当」という項目があり、それを行政やハローワークでは「失業給付」と呼んでいます。私たちはこれらを「基本手当=失業給付=失業保険」としています。

職探しをサポートただし、世間一般でも「失業した際にもらえる給付金=失業保険」というイメージが定着しているため、雇用保険ではなく「失業保険」と呼んでも正しい意味として扱われます。

失業保険も生命保険や損害保険と同様の保険ですので、保険に頼らず仕事に就けることはありがたいことかもしれません。

しかし、せっかく保険に入っていても、よく理解できずに「毎月の給与から雇用保険料を納めている」という人が多くいます。中でも失業保険は生命保険や損害保険以上にいざというときの利用手順がイメージしにくいです。

私たちは働いている間に雇用保険料として、給料から原則0.5%も天引きされていました。今度は支払っていた雇用保険料をきちんと返金してもらいましょう。失業保険は今まで雇用保険料を払っていた人が受けられる権利です。

そのため、今まで雇用保険料が未納だった人、無職やニートの人がハローワークで失業保険の申請をしても、お金が貰えることはありません。

また、雇用保険料は保険であり、失業保険を受け取るにはルールが存在します。例えば、雇用保険料を支払っていた被保険者期間が離職日以前の2年間に12カ月以上、倒産や解雇で離職を余儀なくされた人なら、離職日以前の1年間に6カ月以上ある人に限ります。

失業者は失業保険を100%活用しよう

失業保険はハローワークで申請する

失業保険が給付されるためには、はじめに退職した会社から労働中の賃金や退職理由を証明する雇用保険被保険者離職票、雇用保険者であったことを証明する雇用保険被保険者証を受け取ります。

次にハローワークで失業保険の受給資格を得る手続きをして、雇用保険受給者の初回説明会に参加します。

そのあとは4週間おきに失業状態であることの申告するためにハローワークに出向き、約1週間後に指定の口座に失業保険が振り込まれます。

この流れは手間に感じるかもしれませんが、失業保険は会社を辞めて、再就職するために必要な手当として給付されますので、ハローワークの職員に「求職活動をしているのに就職できない状態である」ことを認めてもらう手続きが必要です。

失業保険以外の雇用保険も活用したい

雇用保険は「求職者給付、就業促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付」に区別され、失業以外にも貰える手当が数種類あるので、該当する場合はそれらも利用しましょう。

例えば、英会話スクールで英語を習っている人は、コースによっては授業料が20%も戻ってくることがあります。これは雇用保険の教育訓練給付に該当し、ハローワークで手続きができます。

失業保険は会社を辞めた人の全てが貰えるわけではなく、受給するための条件がありますし、申請の内容と職員とのやり取り次第でも給付される金額が変わることがあります。

自分自身が失業保険で得するためにも、少しだけでも失業保険の役立つ知識を身に付けていきましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.04.16
更新日更新日 2017.02.01
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
失業保険の給付額を計算!直近6カ月間の給与総額で金額が決まる
失業保険の給付額を計算!直近6カ月間の給与総額で金額が決まる
初めての失業保険 失業保険の基礎知識
あなたが貰える失業保険の「給付日数、日額手当、月額手当、手当総額」を計算できます。算出に必要なデータは直近6カ月間の給与総額、年齢、勤続年...
留学・出産・病気などで就職活動をしない人も失業保険は貰える?
留学・出産・病気などで就職活動をしない人も失業保険は貰える?
失業保険の質問回答 失業保険全般の質問
失業保険を受け取ろうと思っていますが、海外での就職も検討をしています。先んじて就労ビザなどを取得した場合、失業保険の適用は難しいでしょ...
【漫画】第1話「訪問看護師の給料!平均年収は402万円」
【漫画】第1話「訪問看護師の給料!平均年収は402万円」
マンガでわかる失業 給料コレクター
訪問看護師の給料は平均年収が402万円、平均月収が322,000円でした。例えば「27歳、女性、3年目、東京都、常勤」で月給は32万円になります。ま...
失業保険のスケジュール!退職日・失業認定日・振込日までの流れ
失業保険のスケジュール!退職日・失業認定日・振込日までの流れ
初めての失業保険 失業保険の基礎知識
失業保険を貰うためにはハローワークで申請する必要がありますが、それだけで銀行口座にお金が振り込まれるわけではありません。失業保険の受給ま...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
シツホ編集部
シツホ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
失業保険を貰う方法を徹底解説。受給手続きや給付額の計算、退職と転職のノウハウなどを紹介しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK