失業保険事典

雇用保険で生活をラクにしよう

月間ページビューランキング
1位 失業保険の給付額を計算
6カ月間の給料の合計額、年齢、勤続年数だけで給付額がわかります。給付日数は退職理由で変わります。
2位 失業保険の求職活動の実績
給付金は求職活動をしないと受け取れないはずですが、実は合同説明会への参加や資格試験の受験でも承認されます。
3位 給付金が2倍になる仕組み
高額な情報マニュアルにあるような2倍の金額を貰う方法は難しくないですが、人生においてはマイナスを被ります。

失業保険の認定スケジュール

失業保険はハローワークで申請し、求職活動の状況を報告しながら1カ月単位で給付されます。退職理由が会社都合は即給付され、自己都合の人は3カ月間の給付制限があります。

最初に退職した会社から離職票を受け取ります。離職票には給与や退職理由が記入されており、失業保険の参考資料となります。

離職票を受け取ったら、最寄のハローワークで受給申請を行いましょう。具体的なスケジュールは下記のような例になります。

日付例項目説明
4月1日退職日翌日退職した日付から10日以内に離職票が勤めていた会社から発行されます。
4月10日受給資格決定離職票をハローワークに提出し、再就職の意思と働ける状態にあることを確認します。
4月10~16日待機期間ハローワークの調査のために離職の理由を問わず、受給資格決定から7日間は待機します。
4月17日受給説明会受給資格決定から7~10日後、雇用保険説明会で受給手続きの仕方から雇用保険法までの説明を受けます。
4月24日初回認定日受給説明会から約1~2週間後、4月17日~4月23日の7日分が支給されます。
5月22日第2回認定日4月24日~5月21日の28日分が支給されます。
6月19日第3回認定日5月22日~6月18日の28日分が支給されます。
7月17日第4回認定日6月19日~7月16日の28日分が支給され、これ以降も28日単位で手続きを行います。

このように失業保険の認定日は原則4週間に1回あり、ハローワークの職員に就職活動の状況を報告します。失業状態が認定されると約1週間後に指定の口座に給付金が振り込まれます。

ただし、このスケジュールは解雇や倒産などの会社都合で離職を余儀なくされた人のケースです。

自己都合、定年、懲戒解雇で離職した人は初回認定日での支給がありません。さらに3カ月の給付制限期間が設けられるため、第2回認定日は7月17日に7日分、第3回認定日は8月14日に28日分、第4回認定日は9月11日に28日分とずれ込みます。

失業保険の認定日までに職業相談を利用しながら、求職活動を行っていきます。無事、就職が決定したら採用証明書を提出することで、再就職手当の支給が受けられる場合があります。

失業保険のためのハローワーク一覧

失業保険の給付を受けようとする人は、退職後にあなたの住所を管轄するハローワークで求職の申込をする必要があります。

ハローワークは1市区町村に1つあるわけではないので、最寄のハローワークを調べてから手続きをしに行きましょう。

ハローワーク一覧 北海道のハローワーク 東北のハローワーク 北関東のハローワーク 首都圏のハローワーク 甲信越のハローワーク 東海のハローワーク 北陸のハローワーク 近畿のハローワーク 中国のハローワーク 四国のハローワーク 九州のハローワーク 沖縄のハローワーク

失業保険の手続きには雇用保険被保険者離職票、雇用保険被保険者証、印鑑、運転免許証か住民基本台帳カード、写真2枚、本人名義の普通預金通帳が必要です。

不明な点は最寄のハローワークに問い合わせることで、職員の人が適切に教えてくれます。

失業保険の疑問点を解決

「リストラで退職したらハローワークですぐに給付される?」
「出稼ぎや日雇い労働者の給付手続きの手順がわからない」
「働いていた期間と年齢が一緒でも支給日数が違うのはなぜ?」
「年金や副業の収入を貰いながら失業保険は給付されるのか?」
「結婚、妊娠、出産、育児で就活できないけど給付金が欲しい」

失業保険の給付が初めての経験であれば、受給の仕方に疑問を持つのは当然です。失業保険を貰ったことのある人でも、雇用形態や退職理由が異なっていれば、受給の仕組みも違ってきます。

雇用保険制度を少し知っているだけで給付金額に差が出てきますし、期間や給付される時期にも影響します。

もちろん、わからないことは公共職業安定所であるハローワークに行ったり、社会保険労務士に相談すれば、ある程度は解決できます。

ただし、全て他人任せというわけにはいきません。自分自身も基礎知識を持った上で申請することが、失業保険をトコトン活用できる近道です。

会社を退職するときのタイミングの違いで給付金が少なかったり、もう少し退職する時期を先に延ばせば、貰える金額や日数が増えていたりと後悔することもあります。

失業保険の疑問点を解決雇用保険には失業時以外にもお金が貰える給付制度もあります。損をしないために少しだけ勉強してしましょう。

給付金は失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日でも早く再就職するために支給されます。

現在の自分に合った仕事がわからなくても、好きな仕事、目指す収入、働き方など、様々な切り口から自分に合った「仕事を見つけるまでの重要な助け」にもなるでしょう。

同じ悩みを共感でき、再就職するまでに存分に活用したいと思っている人はたくさんいます。「失業保険事典」が失業保険を受給するための解決材料になれることを願っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

融通の利くアルバイト

有利な転職活動で再就職

転職に役立つ資格と技術

失業保険の給付額を計算

失業保険に必要なアイテム

はじめてのハローワーク

メディア取材履歴

ananに掲載
ananに掲載

サンデー毎日に掲載
サンデー毎日に掲載

姉妹サイト

保育士

スポンサードリンク

失業保険を貰う手順と条件

失業保険の基礎知識

1分でわかる失業保険
失業保険の給付額を計算
失業保険に必要なアイテム
雇用保険の被保険者の種類
失業保険の給付期間
特定受給資格者の判別
雇用保険上の失業者の定義
偽りの不正受給は3倍返し
求職活動の実績を申請

失業保険の受給方法

失業保険の受給資格を得る
失業保険の受給説明会
失業保険の認定日
失業保険の受給額を確認

給付額で得する実例

失業保険の求職活動の実績
残業代が失業保険に影響
給付額は5歳単位で変化
退職理由で増える失業保険
自己都合を会社都合に変更
給付制限を解除する方法
公共職業訓練のメリット
給付金が2倍になる仕組み

雇用保険の種類

雇用保険一覧表
基本手当
就業促進手当
教育訓練給付金
高年齢雇用継続給付金
育児休業給付金
介護休業給付金
その他の手当や給付金

失業中のサポート

高額の短期バイトを探す
有利な転職活動で再就職
転職に役立つ資格と技術
失業中でも債務整理に悩む

失業保険の体験談

はじめてのハローワーク
ハローワークで給付申請
受給者初回説明会に参加
失業保険の初回認定日
失業保険の失業認定日

失業保険の質問回答

就職活動をしないケース
受給資格の有無や期限
給付額や金銭トラブル
退職時に必要な手続き